メモ帳の切れ端

舞台で輝く推しを見てる

推しのファンになりたい

推しを好きになってからオシャレ()をするようになった。アクセサリーすらちゃんとつけなかったのに着実に種類を増やしてる。今まで本当無頓着だったので自分でも変わったなと思う。
そうなってくると必然的に「推しくんに見てもらえるといいね〜」と周りは言ってくれる。推し若手俳優なばかりにリアコじゃないかと思われたりしてるけど推しに私を見てほしいわけではない。
推しに見られたくないのに推しをガン見したいオタクとしては推しの視界に私が入るだけで申し訳ない気持ちになる。大勢の中の一部ならまだしも1on1で対面するとうろたえるオタクになるからいやだ。こんな私を見ないで欲しい。見たとしてもすぐに忘れて欲しい。お願いします。忘れて下さい。

じゃあなんで推しの舞台を見に行ったりするときに見た目をそれっぽくしてるのかと考えてみたら
多分私は推しのファンになりたくて、胸を張って推しのファンですって言える人になりたいんだと思う。

たとえば色んな人が出ている舞台の中にいる推しがいて、私が現場に他俳優推しの人に見られた時、
あまりにもイケてない格好だったら「●●くんのファンの子ってダサい」って思われるかもしれない。それはいやだ。
そう思われたくないから最低限+αの格好を維持したい。イケてると言われなくてもいいから「●●くんファンの子ね、ふ〜ん」くらいに留めたい。とりあえずダサいとは思われたくない。

推しのファンの人はみんな綺麗な格好をしてて、顔も可愛くて、典型的オタク顔のデブスとしては申し訳無さ度MAXになる。私もあんな顔に生まれたかったしもっとはやくオシャレすることに気付きたかった。
それまでもオシャレすることを頑張ろうと思っていた時はあったけど、大体思うだけで頓挫してた。自分から調べてもよくわからんなで終わらせてしまっていた。
だけど推し推したいと思った時「まずこの見た目をどうにかしよう」と思った。そう思うようになってまだそんなに日は経ってないけど、今までより確実に変われていると思うくらい頑張ってると思う。
最近わかったのは、髪と服をそれっぽくするだけで多少ましにみえるということ。それでもオタクくささは抜けないけど十年以上オタクやってたらもう無理だろと思ってる。オタクから足洗わない限り無理。オタクくささを洗い流すのは諦めた。ましなオタクになることを目指そう。

そういうわけで当面の目標は誰が好き?と聞かれた時に推しの名前を、胸を張って言える事だ。
今はまだ推しを好きと口にすることに引け目を感じる。推しや、推しのファンに申し訳なくなる。
新規だとか金払いの悪さとかじゃなくて、見た目で値踏みされてしまいそうな怖さを現場に行く度に感じてしまう。
今のところ昔から仲良くしてる2次オタクの人たちと話すことが多いけどこれから先はどうなるかわからない。いつかその時が来た時に堂々と言えるようなオタクになりたい。

なんてことを人に言うと理解できないって顔をされそうだからここに書く。
今日よりも明日はましなオタクになってますように。

推しのチケット確保と神頼みと運

最近「運がいい人は自分から運がいいと言っている事が多い」話を聞いてじゃあやってみるかと積極的に口に出した生活を送ってました。
実際過去に懸賞に当たったりくじ引きでいい賞あたったことがあったから嘘はいっていない。

あとは徳を積むにあたって一番直接的なのは神頼みだと思って神社にも行きました。
神頼み系はかなり信じるタイプ*1だから熱心に自分の欲を聞いてもらいました。

そんなことしてたら中々取れなかった推しの舞台が取れた。

取れないと思ってたからびっくりした。願った神社には近日中にお礼参り行ってきます。ありがとう神様。

チケット戦争が情報戦なのはわかっていたけど、実際に挑むとなると自分の持っている情報と推測だけでは太刀打ちできないことが多い。どんなに先行申し込んでも最後に頼るのは運だし、こればかりは自分の力だけじゃどうすることもできない。推しや原作への思いが強いだけで確率が上がるシステムだったらいいんだけどな。

ただ、当たる確率を上げるために手段を尽くして運を上げることはできる。何もしてないのにチケットが降ってくるわけじゃないし、チケット欲しいです!!!!!!って言って声かけられるのを待つよりは自分から動いたほうがずっと確実。
どれも当たり前のことだけど、譲渡ツイで 求)チケット 譲)定価+手数料 を見ると自分から探しに行こうと思う…あなたの募集ツイートの上にあなたが探しているチケットを定価+手数料で譲ってくれる人いるから…。
見に行けない取れないと派手に騒いでいる人に限って何の手も打っていないあの現象なんだろう…。

冒頭で「運がいい」と言ったけど、当たらない時はライビュ先行すらも当たらない。
へこむけどそういう時はもうチケットとの巡り合わせと割り切って仕方ないと思うようにしてる。割り切れないことのほうが多いけど。
今のところ推しにハマってから舞台見れなかったことはないけどチケット取れなかったら凄いへこむんだろうな…なんかもうそれくらい推しの好きなんだな………………?こういう時に推しに向ける気持ちの重さを確認する。

だからもう徳を積むためには神頼みしかない………。
次の推しの出る舞台が見に行けるように今から人として最低限いい生活を送って徳を積もう。積みます。

*1:どこの神社も凄いですが特に安井金毘羅宮に願った願いは本当に叶ったので神社に対しては規律正しく向き合いたいと思ってる。

キンプリをみた感想が「推しの舞台観た後の私と一緒じゃないか」だった

最近やっとキンプリを見ました。配信で。
何気にプリズムに導かれた人が周りにたくさんいたので見てないと言うと
まっすぐこっちを見て「キンプリはいいぞ」と口々に言ってきてて怖かった。みんな同じことしか言わない。宗教かよってずっと言ってました。

前知識が「ケツからハチミツが出る」「キンプリを見た後に劇場を出ると世界が輝いて見える」しか知らなかったのでめっちゃ怖い私どうなっちゃうのって思いながら見たんですが

キンプリは配信で見るより映画館で見たほうが面白いやつだと思いました。

面白かった。面白かったけど怖がりながら見たせいか世界は輝いて見えなかった。でも今やってる続編?が気になる終わり方をしていたので時間作っていきたい。
とりあえずキンプリ見たって言ったら「じゃあ次はキンプラだな」ってすぐ次を勧められて笑った。キンプリキメてくるって言葉がこんなに似合う作品も珍しいと思う。配信だったから普通に面白かったーですんでるだけで私も映画館で見たらキマってたかもしれない。

タイトルの感想ですがシンくんが初めてプリズムショーを見た時世界が輝いて見える!って言ってるシーンを見て思ったことです。私もわりとあんな感じ。いつもより目の前の彩度と明度が上がって見える。
ふわふわしてる感じの気持ちが同じだったからシンくんと同じテンションで「めっちゃよかったね〜〜〜〜〜〜〜〜」って言い合いたい。

ただそれだけを言いたくてブログ書きました。

あと前回の記事で業者?からもすごい勢いでスターきてたのびっくりして一度非公開のちに上げ直すなんてことをしてました。
ちらっとブログ見たら日々に疲れてる記事を書いてる人もいたから現代社会という名のサバイバル生活本当きつい。
二次元でも三次元でもいいから推しを作ると世界がプリズムの光で輝いて見えるから疲れてる人は自分だけの大切な推しを見つけて明度と彩度を積極的に上げていこう。

推しのいる生活本当幸せです。明日も頑張ろう。