メモ帳の切れ端

舞台で輝く推しを見てる