メモ帳の切れ端

舞台で輝く推しを見てる

推しのお陰で今日も元気です

不定期に理由もなく気落ちすることがある。自分で言うのもなんだけど普段は怒りの沸点が高くてちょっとバカにされたくらいではキレたりしない。批判されても流せる。自分の意見が通らなくても構わない。なんなら汚れ役も進んで買うしピエロのように笑われたっていい。そんな感じで、人によって意見がわかれそうだけどなんでも受け入れる姿勢でいつもいたいと願ってる。
ただ気落ちすると普段はやりすごせることが全然流せなくなるし、ちょっとしたことで自分が不機嫌になっていくのがわかる。周りはいつもの調子で私に接してるだけだから自分が子どもみたいで恥ずかしいし自己嫌悪で死にたくなる。

ということが1ヶ月に最低1回くらいあるので自分のことは自分で管理して人間生活送ってるんだけど、今回は気落ち期間が長い上にとうとう「なんか今日はトゲがあるね」と言われてしまってあっもうダメだなって自己嫌悪で死にたくなった。

あまりの落ち込み具合に知人に電話で相談に乗ってもらって自分の気持ちを吐き出したら少し気分が上向きになってきたかも…なんて思っていたら不意打ちで「推しくんの舞台見に行く予定ないの?こういう時に見ないと」って言われて、なんか笑ってしまった。

あ、そういえば推しの予定が控えていたな。また推しの姿見れるんだ。気落ちしすぎて先の楽しみを忘れるレベルだったから、思い出せて元気になれた。
ありがとーって電話を切って推しの写真見ていたらはーーーーーーー可愛いなかっこいいなーーーーーーそうだよなあ推しの舞台に立ってる姿が見たくて仕事頑張ってるもんなーーーーーーって思って、やっといつもの感じに戻れそうな気がした。
二次オタクの方は最近気落ちすることが多くてちょっと距離を置いていたから、三次元の推しに落ち込んだ気持ちをすくい上げてもらえた。といってもまだ本調子じゃない。だけど前向きな気持ちで人間生活送りたいし今日よりは明日ちょっと元気に仕事しようと思えた。推しごと生活充実のために。

推しに頭を下げながら眠るよ。推しのお陰で今日も元気です。推しもぐっすり眠って体休められていますように。